無視している期間が長いと離婚につながる?

期間が長い時の影響は?

夫婦喧嘩をした後に、しばらく相手を無視する事ってありますよね。夫にされる、妻にされると言うように、いつまでも夫婦喧嘩を期間を長くするのはあまり良いことではありません。

子供の頃は、喧嘩をしてもすぐに相手と仲直りできたのに、大人になり、夫婦になるとどうしてすぐに仲直りができないのでしょうか。それは、あまりにも近い存在だからです。

「自分の事を一番分かっているはずなのに、何も分かってない!」「指摘されたくないことを言われて気分が悪い」 そういった理由から夫や妻を無視する、またはお互いにするという行動に出るようです。

しかし、子供の前で両親が喧嘩をしたり、無視し合っているのは教育上良くありません。

どのくらい期間なら大丈夫?

夫婦喧嘩後に最も辛いことが実は『相手に無視されること』だと知っていますか? どんなに話しかけても何も返事がない、何の反応も示さないなんて辛いですよね。 では、期間はどの程度続くのが多いのでしょうか。

一番多いのが2~3日といった短期間です。短期間ならある程度我慢できる範囲だと思います。

次に多かったのが、1週間~2週間という期間です。1,2週間も続けられたら結構きついですよね。 中には、1ヶ月、2ヶ月というように、長期間続けた方もいるようです。

あまり長い期間続くと『離婚』に至ることもあるようなので、 夫婦喧嘩の後の習慣になってしまっている場合は一度話し合いをした方が良いかもしれません。