夫婦喧嘩で夫が妻を無視する心理

相手の心理を考える

夫婦喧嘩はしないことにこしたことはありません。でも、夫婦として一緒生活する以上避けることはできない事かもしれません。

夫婦喧嘩をした時に良くあるパターンが夫が妻を無視するというもの。その心理状態は、自分が怒っているからではなく「口の達者な妻に勝てないから」「自分がこれ以上キレないようにするため」だそうです。

無視をすることで、口論を止めようとする心理が働くのでしょう。女性と違い、男性はあまりにも怒りに限界が来ると、本能的に暴力が出てしまう脳の仕組みになっているそうです。

夫が妻に暴力を振るうなんて最悪なことにならないために、無視という手段で自分を抑えているのでしょう。

色々な不満が影響

確かに女性の方が口が達者な場合が多いようです。一度夫婦喧嘩が始まると普段は我慢していた事を次から次に口にする方がいます。

それは、男も女も一緒なのですが、どちらかというと専業主婦に多いそうです。 普段、子育てや家事に追われ中々自分の時間が持てないストレス、家事や育児に参加しない夫への不満がその時に出てしまうのでしょう。

そんな妻の心理を知ってか知らずか、これ以上険悪な状態にしたくないという夫の心理が働き、こういう形で押さえようというのが、さまざまな専門家の意見です。

普段からお互いに色々な話をする夫婦はあまり喧嘩をしないと言われています。お互いの心理を読む事ができれば、夫婦喧嘩にならずに済むのかもしれませんね。